研究開発

SOD様食品 開発者プロフィール

丹羽 靭負(耕三) 博士

SOD様食品開発者 京都大学医学部卒業 医学博士
丹羽免疫研究所名誉所長 医療法人修命会理事長
土佐清水病院院長

活性酸素とSOD(スーパーオキサイドディスムターゼ)の研究を臨床医として国内はもちろん、世界的にも最も早く(1970年代)から手がけ、この分野の世界的権威。“Blood”などを始めとする著名な英文国際医学雑誌に数多く発表され、その数は70編を超す。
国際医学専門誌(Biochemical Pharmacology)への投稿論文の審査員でもある。国内では、がん、ベーチェット病、リウマチ、アトピー性皮膚炎、難病など数多くの治療・研究に長年従事し、原因を活性酸素の異常からと解明。自然の植物・穀物を特殊な加工法で製造した、副作用のない天然の治療薬は大きな成果を上げている。
世界に先駆け、遠赤外線の効果を水や動物の変化だけでなく、人体の細胞レベルでの生理、生化学的変化の研究発表を行い、これまでの治療成績をまとめた論文が、国際的な医学専門誌で認められ掲載された。

長瀬 雅之 先生

酪農学園大学大学院修士課程修了
東京大学大学院農学生命科学研究科博士課程
農林水産省野菜・茶業試験場勤務
丹羽メディカル研究所所長
ジェナー動物クリニック院長
動物用SOD様食品開発者

小動物に関する研究について長年従事し、丹羽博士の研究者および臨床医としての姿勢に感銘を受け、また、丹羽博士も長瀬氏の研究成果や研究者としての才能を高く評価し、共同開発を開始した。
現在あらゆる天然素材を全世界から収集し、天然成分のヒト、小動物に対しての有用性や消化・吸収するための加工法を研究している。

丹羽メディカル研究所の
研究開発について、
こちらもご参照ください。