研究開発

配合成分について

丹羽メディカル研究所の製品について、代表的な配合成分について紹介します。
製品に関連する活性酸素や抗酸化の基礎知識についてもまとめました。

活性酸素とは?

活性酸素は元来、人間も含めた動・植物の体内にあり、細菌・カビ・ウイルス・異物などが、体内に侵入してきた際、これらと戦い、体を守る防衛システムです。
しかし、紫外線や大気汚染、暴飲暴食、過労、薬害、ストレス…さまざまな要因で体内で増加しすぎると、逆に自身の体の組織をも細菌や異物のように攻撃してしまう、ジキルとハイドの両面を持った物質です。
活性酸素は非常に不安定な物質で、強い活性をもつゆえに手近な細胞と結合しやすく、体内の脂質と反応すれば、血管中にこびりつきやすい「過酸化脂質」を作りだします。過酸化脂質は、いつまでも体の中にとどまり、徐々に細胞を傷つけ破壊していきます。

SODとは?

酸素を必要とする私たち生物の体内には、本来、過剰な活性酸素を抑える酵素「SOD(スーパーオキサイドディスムターゼ)」を作り出す力が備わっています。
SODが正常に作られている限り、からだは活性酸素の害から守られ病気にならずに済んでいます。しかし、SODは40歳前後から、体内で作り出す力が急激に低下し、活性酸素が優位の状況になるといわゆる「老化現象」を起こし、病気になりやすい体になってしまいます。この状況を作らないためにも、体の外から「抗酸化成分」を補うことが唯一の手段となります。

セサミン

植物性食品の中でもトップレベルの栄養価をもつ胡麻…。その小さな一粒の中に、わずかしか含まれていない成分、ゴマリグナン類。中でもセサミンは抗酸化活性、エストロゲン様活性、アルコール代謝促進、コレステロール代謝の抑制など、肝臓まで届き代謝されることで強い抗酸化活性をあらわすことが報告されています。

出典:http://www.tsukuba.ac.jp/attention-research/p201607281400.html
https://www.tsukuba.ac.jp/wp-content/uploads/160728kobayashi.pdf

ポリフェノール(フラボノイド)

フラボノイドは植物自身が紫外線による活性酸素から身を守ったり、種子を害虫から守るために 抗酸化や抗菌作用など、多くの自己防衛機能のために作り出す物質です。野菜や果物などの 色素や苦みの成分にもなっています。

出典:https://www.jstage.jst.go.jp/article/nskkk1995/46/12/46_12_779/_pdf/-char/ja

オメガ3脂肪酸(n-3不飽和脂肪酸)

脂質は、細胞膜の主要な構成成分であり、欠かせない栄養素です。オメガ3脂肪酸は体内で合成することができない為、食べ物からとる必要性があります。身体の炎症を鎮める働きや認知症予防、抗うつ病、動脈硬化予防作用があります。

出典:https://www.ncc.go.jp/jp/information/pr_release/2018/0915/20180915_pressrelease.pdf

総フェルラ酸

フェルラ酸は米ぬかやイネ科の植物の細胞壁に含まれている有機化合物です。ポリフェノールの一種で、強い抗酸化作用があるとされています。フェルラ酸には認知症の原因の一つとされる、リン化したタンパク質を減らす働きが期待されています。

出典:http://libir.josai.ac.jp/il/user_contents/02/G0000284repository/pdf/JOS-kaken25460910.pdf
https://www.aluminum.or.jp/aluminum-hc/p_2/pdf/20151114/02.pdf

γ-オリザノール

γ-オリザノールは米胚芽や米ぬかに多いポリフェノールの一種で、植物や植物から造られる油に多く含まれる植物ステロールという物質に分類されます。抗酸化作用、生活習慣病予防の他、美白作用などもあり、脳の機能に関しては脳内神経伝達物質のノルアドレナリン量の増加作用や消化管の運動を調節する作用などにより心身症における不安や抑うつ、消化器症状等などの改善が期待されています。

出典:http://www.toukastress.jp/webj/article/2017/GS17-05J.pdf
http://www.okishoku.co.jp/pdf_data/genmai-sinbun.pdf

食物繊維

食物繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維があり、どちらも体内には吸収されませんが、からだには重要な働きをしています。水溶性食物繊維は水に溶けやすく、小腸での栄養素の吸収を緩やかにし、食後の血糖値の上昇を抑える働きがあります。水に溶けにくい不溶性食物繊維は水分を吸収して、便の容積を増やします。食物繊維は5代栄養素(タンパク質、脂質、炭水化物、ビタミン、ミネラル)に次ぐ、第6の栄養素として注目されており、便通をよくしたり生活習慣病の予防に期待されています。

β-グルカン

希少価値の高い「鹿角霊芝」に豊富に含まれるβ-グルカンはブドウ糖がたくさんつながってできた多糖類の一種。免疫系の細胞を活性化し、自然治癒力を高めるといわれています。抗がん作用、血糖降下、アレルギー体質改善など期待される成分です。

お問い合わせ

製品について詳しく知りたい方は問い合わせフォームよりご連絡ください。
お電話でのお問い合わせをご希望の方はフリーダイヤルまでお気軽にご連絡ください。

0120-731-175

月-金 9:30-18:00 土 10:00-15:00

問い合わせフォーム

丹羽メディカル研究所の
研究開発について、
こちらもご参照ください。